政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/【研究開発項目〔1〕】革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に係る実施体制を決定

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年11月20日,「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/【研究開発項目〔1〕】革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」に係る公募を実施し,17件(内訳:研究開発枠12件,先導調査研究枠5件)の提案について外部有識者による採択審査委員会及びNEDO内の厳正な審査を経て,6件(内訳:研究開発枠5件,先導調査研究枠1件)の委託予定先を決定した,と報じた.

 本公募では,エッジコンピューティングにおけるAI処理を実現するための小型かつ省エネルギーながら高度な処理能力をもった専用チップと,それを用いたコンピューティング技術に関する研究開発,および,エッジコンピューティング技術の普及に欠かすことができないセキュリティ基盤技術の研究開発を,社会課題を見据えた上で実施する.