政府・公的機関から

お知らせ

JST,研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)機能検証フェーズ 平成30年度第2回募集における新規課題の決定

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は平成30年11月29日,研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)機能検証フェーズの平成30年度第2回募集における新規採択課題「試験研究タイプ」50件,「実証研究タイプ」10件を決定したとのプレスリリースを行った.

 A-STEP機能検証フェーズは,「試験研究タイプ」,「実証研究タイプ」の2つから構成され,企業ニーズの解決に向けた,公募型の研究支援制度(研究費支援)と,マッチングプランナーによる産と学のマッチングや事業化に向けての研究開発活動の支援(人的支援)により,産学協働の芽出しをサポートするプログラムである.

 今回は,平成30年7月11日(水)から9月11日(火)まで新規課題を募集し,試験研究タイプに610件,実証研究タイプに157件の応募があった.募集締め切り後,外部専門家による委員会において,目標設定の妥当性,課題の独創性(新規性)および技術の優位性,計画の妥当性,イノベーション創出の可能性(研究成果の波及効果の可能性)などの観点から審査し,その結果を基に新規課題を決定している.