政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを達成 ~金属のレーザー切断実現へ,航空・宇宙・電気自動車などの産業応用に期待~

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年1月29日,NEDOプロジェクトにおいて,株式会社島津製作所と大阪大学が,青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを実現したと,上記2者と共同でニュースリリースを行った.この出力は,同プロジェクトで昨年達成した出力の10倍である.

 この高出力化は,従来の青色半導体レーザー技術では難しいとされている数ミリメートル厚の銅や金のレーザー切断加工の実現に向けての前進となる.本技術は,航空・宇宙・電気自動車などの産業において,部品加工に活用されることが期待される.