政府・公的機関から

お知らせ

JST,高入出力特性と高エネルギー密度を両立した蓄電デバイスを実用化 ~ナノ結晶化チタン酸リチウムを用いたハイブリッドキャパシタを開発~(産学共同実用化開発事業(NexTEP)の成果)

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は平成31年3月5日,産学共同実用化開発事業(NexTEP)の開発課題「ナノ結晶化チタン酸リチウムを用いたハイブリッドキャパシタ」の開発結果を成功と認定した,とのプレスリリースを行った.

 この開発課題は,東京農工大学大学院工学研究院 応用化学部門 直井勝彦教授らの研究成果を基に,平成25年8月から平成30年7月にかけて日本ケミコン株式会社に委託して,同社にて企業化開発を進めていたものである.

 本開発では,負極にキャパシター向けに調整したチタン酸リチウムを用いたハイブリッドキャパシタを開発し,電気二重層キャパシターに対して大幅なエネルギー密度の向上を実現するとともに,薄膜塗工電極などの技術によりキャパシターセルの内部抵抗を低減することに成功した.これにより安定した充放電サイクル特性を持ち,減速エネルギー回生システムに適した蓄電デバイスを実用化できた.