政府・公的機関から

お知らせ

NEDO・産総研,革新的機能性材料開発のためのマルチスケールシミュレーター群を開発・公開

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と同産業技術総合研究所(産総研)は2019年4月1日,NEDO,産総研機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター,および先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)が共同で,NEDOの超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクトにより,革新的機能性材料の開発支援技術の中核となるマルチスケールシミュレーター群を開発し,一般に公開するとのニュースリリースをNEDO,産総研がそれぞれで行った.

 開発したシミュレーターは,電気・光などのキャリア輸送や界面原子ダイナミクス・反応など,9つの機能別シミュレーターで,これらを利用してさまざまな手法で異なる材料の機能・物性を予測できるため,有機・高分子系機能性材料の広い範囲で利用され,材料設計を支援し,その開発期間を大幅に短縮することを目指している.

 NEDOは,このシミュレーターの説明会を2019年4月12日に開催し,5月中旬にこのシミュレーターの利用促進を目指した機能性材料開発に関する助成事業の公募を予定している.