政府・公的機関から

研究の公募

NEDO,「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/CO2有効利用技術の先導研究(CO2直接分解)」に係る公募

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年4月26日,「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/CO2有効利用技術の先導研究(CO2直接分解)」事業の実施者を一般に広く募集すると報じた.

 CO2排出量の大幅削減に向けた長期的なロードマップの実現には,火力発電の高効率化に加えて,CO2を回収して固定化・有効利用することが求められている.本事業では,CO2の固定化・有効利用を目的に,CO2を直接分解して燃料及び化学原料に利用する技術の先導研究を実施する.

 公募期間:2019年4月26日~2019年5月27日