政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/アンモニア混焼火力発電技術の先導研究」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年5月23日,「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/アンモニア混焼火力発電技術の先導研究」に係る公募を実施し,提案された3件について審査を行い,実施予定先を決定したと報じた.

 水素基本戦略(2017年)では,2020年頃までに石炭火力発電所でのアンモニア混焼発電の開始,2030年頃までにガスタービン等へのアンモニア利用拡大を目指している.本事業では,既設の火力発電設備でアンモニアを燃料として直接利用する場合の技術的課題を解決し,商用機での実証試験に必要な技術的検討を行う.