政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,世界初,蓄電池内部の電流密度分布の画像診断システムを開発 ~蓄電池の全数検査を通じ,安全性が飛躍的向上~

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年5月29日,NEDOのプロジェクトにおいて,株式会社Integral Geometry Scienceと神戸大学数理・データサイエンスセンターが,蓄電地内部の電流と,蓄電池外部に漏洩した磁場に関する逆問題の解析を通じて,磁場の空間分布を測定することで電流密度分布をリアルタイムに非破壊で画像診断するシステムの開発に世界で初めて成功したとのニュースリリースを開発者らと共同で行った.

 本技術は良品の蓄電池においても,電流密度のムラを検出することが可能で,今後,電動車両の普及に伴って蓄電池生産量の増大が見込まれる中で,蓄電池の製造工程における全数検査が確立されれば,蓄電池の安全性を飛躍的に向上させることができるとしている.