【メンテナンスのお知らせ】11/1(金)16時頃~11/5(火)10時頃、本Webサイトの閲覧ができなくなります。
ご不便をおかけし、大変恐縮ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

政府・公的機関から

研究の公募

NEDO,「バイオジェット燃料生産技術開発事業/一貫製造プロセスに関するサプライチェーン事業性評価(FS)」に係る公募

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年8月1日,「バイオジェット燃料生産技術開発事業/一貫製造プロセスに関するパイロットスケール試験/サプライチェーン事業性評価(FS)」事業の実施者を一般に広く募集する,と報じた.

 2030年頃のバイオジェット燃料の商用化のためには,純バイオジェット燃料の一貫製造技術の確立とともに,原料の調達から製品の供給,利用を含めたサプライチェーンの構築が必要である.NEDOでは,想定する事業において純バイオジェット燃料の原料種や量,製造プロセス,ならびに製造場所や使用場所を設定し,化石エネルギー収支,温室効果ガス削減効果およびサプライチェーン全体を通しての事業性を評価するための事業(事業性評価(FS)事業)を実施する.また,カーボンリサイクルの観点から,純バイオジェット燃料製造技術が微細藻類である場合は,培養技術の改良,最適化,スケールアップ等を考慮した安定大量培養技術に重きを置いた事業性評価(FS)事業を実施する.

 公募期間:2019年8月1日~2019年8月30日