政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティング技術開発に係るアイデア発掘のための課題調査」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年8月13日,「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティング技術開発に係るアイデア発掘のための課題調査」に係る公募を実施し,3件の提案について審査を行い,実施予定先を決定した,と報じた.

 AI等のコンピューティング技術分野においては,目まぐるしいスピードで技術革新が起き,世界中で新しいアイデアが次々と生まれている.本調査においては,「AIエッジコンテスト」の運営を通して新しいアイデアや人材の発掘,課題等の抽出を行う.