政府・公的機関から

お知らせ

文科省,科学技術・学術政策研究所「第11回科学技術予測調査S&T Foresight 2019総合報告書」の公表

 文部科学省は令和元年11月1日,同省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が,第11回科学技術予測調査・総合報告書を公表する,との報道発表を行った.

 科学技術予測調査は,科学技術基本計画の立案等に資するため,1971年度から約5年毎に行っている調査である.今回調査は,「望ましい社会の未来像」と「科学技術発展の中長期的展望」を検討し,それらを統合して,「科学技術発展による社会の未来像」として,基本シナリオ「人間性の再興・再考による柔軟な社会」を提示するとともに,AI関連技術と専門家の検討に基づき8個の「クローズアップ科学技術領域」(分野横断・融合のポテンシャルの高い領域)を抽出した.

 社会の未来像検討においては,50の日本社会の未来像を抽出し,未来像検討により702の科学技術トピックを設定した.さらに,50の日本社会の未来像と702の科学技術トピックを紐づけし,科学技術発展により目指す社会の未来像として「基本シナリオ」を作成している.