政府・公的機関から

お知らせ

産総研,筑波大学に「産総研・筑波大 食薬資源工学  オープンイノベーションラボラトリ」(FoodMed-OIL)を設立 ~入手容易なバイオマスを原料とした医薬品/機能性食品用物質生産技術を開発~

 国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は2019年11月15日,「産総研・筑波大 食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリ」(AIST-University of Tsukuba Open innovation laboratory for food and medicinal resource engineering; FoodMed-OIL)を筑波大学(筑波大)と共同で筑波大 筑波キャンパス内に設立した,と発表した.産総研のオープンイノベーションラボラトリ(OIL)は,産総研の第4期中長期計画(平成27年度~令和元年度)で掲げている「橋渡し」を推進していくための新たな研究組織の形態で,FoodMed-OILがその9件目となる.

 本OILでは,産総研が持つ物質変換技術と筑波大が持つ食薬資源利用学を融合し,入手容易な生物資源から人の健康に役立つ機能を持つ物質に効率よく変換する技術の開発ならびにその物質の医薬品や機能性食品としての応用を目指す,としている.