政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発」第二回公募に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年2月4日,「再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発」に係る第二回公募を実施し,2件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て,実施予定先を決定した,と報じた.

 本事業では,上流から下流までのプレーヤーが一体となったコンソーシアム体制で取り組み,2023年度までにトータルコストを20%以上低減(投資回収年数14年以下)すること,及び,2030年までにトータルコストを30%以上低減(投資回収年数8年以下)するための道筋及び具体的取組み(普及方策)を行動計画にまとめることを目標とする.