政府・公的機関から

お知らせ

トチュウ果皮由来の天然ポリマーの量産化に成功 ~石油由来合成素材からの脱却に向けて(産学共同実用化開発事業(NexTEP)の成果)~

 国立研究揮発法人 科学技術振興機構(JST)は令和2年2月5日,産学共同実用化開発事業(NexTEP)の開発課題「植物由来機能性新素材の製造技術」の開発結果を成功と認定したとのプレスリリースを行った.

 この開発課題は,九州大学 生体防御医学研究所附属トランスオミクス医学研究センターの馬場 健史 教授(課題採択時は大阪大学 准教授)らの研究成果を基に,平成26年7月から令和元年6月にかけて日立造船株式会社に委託して,同社 機能性材料事業推進室にて事業化開発を進めていたものである.

 日立造船株式会社では,トチュウエラストマー®(トチュウ果皮由来のトランス型ポリイソプレン)の特性を考慮して多岐にわたる用途で市場探索を進めると同時に,製造コスト削減に主眼を置いた精製技術の開発を進めた.この結果,高純度品が容易に得られる技術を確立し,製造コストを開発初期に比べて約1/8まで抑えた精製システムの開発(年産10トン相当,抽出純度99.8%)に成功した.

 トチュウエラストマー®の優れた特徴を生かし,化粧品など高付加価値用途の市場において商品開発が進んでいるという.