政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発/炭酸塩,コンクリート製品・コンクリート構造物へのCO2利用技術開発」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年7月14日,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2排出削減・有効利用実用化技術開発/炭酸塩,コンクリート製品・コンクリート構造物へのCO2利用技術開発」に係る公募を実施し,応募のあった6件の申請について審査を行い,5件の実施予定先を決定した,と報じた.

 これと共にNEDOは同日,「炭酸塩やコンクリートへCO2を固定化し,有効利用する技術開発5テーマに着手~CO2の再資源化(カーボンリサイクル)技術の早期実用化を目指す~」と題するニュースリリースを行った.

 本事業では,火力発電等から排出されるCO2を資源として活用し,炭酸塩,コンクリート製品・コンクリート構造物へのCO2利用技術について,技術開発ならびに全体システムの最適化検討および実証試験等を行うとともに,プロセス全体のCO2削減効果および経済性の評価を行う.