政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「高温超電導の将来像想定とボトルネック課題の検討」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年7月21日,「高温超電導の将来像想定とボトルネック課題の検討」に係る公募を実施し,2件の提案について審査を行い,実施予定先を決定した,と報じた.

 本調査では,高温超電導に係る技術開発動向(材料及び応用機器)等についてグローバルに調査し,過去から現在までの技術進展を整理する.また,高温超電導技術の将来(2050年頃)を見据え,実用化に向けたボトルネック課題(技術的,経済的,制度的な課題やユーザニーズの有無等)を適用先ごとに抽出したうえで,早期実用化が可能な分野や日本が強みを発揮しうる分野等を特定することを目的としている.