政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「次世代複合材創製・成形技術開発」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年8月26日,「次世代複合材創製・成形技術開発」プロジェクトのうち研究開発項目〔2〕「熱可塑性CFRPを活用した航空機用軽量機体部材の高レート成形技術の開発」,研究開発項目〔3〕「航空機部品における複合部材間および他材料間の高強度高速接合組立技術の開発」についての公募を実施し,応募のあった4件の提案について審査を行い,4件の実施予定先を決定した,と報じた.

 本プロジェクトでは,航空機の燃費改善,環境適合性向上,整備性向上,安全性向上といった要請に応えるため,複合材料等の関連技術開発を中心として,航空機に必要な信頼性,コスト等の課題を解決するための要素技術を開発する.今後の航空機需要の70%を占めると予想されている細胴機の製造プロセスで必須となる,複合材を用いた部材の低コスト,高レートな新しい成形組立技術の確立を目指す,としている.