政府・公的機関から

お知らせ

経産省・NEDO,「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先導研究(委託)」に係る 実施体制の決定

 経済産業省,および国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年10月27日に共同で,「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先導研究(委託)」に係る公募を実施し,応募された39件の提案について審査を行い,22件の採択を決定したとのニュースリリースを行った.

 本事業は,ポスト5Gに対応した情報通信システム(ポスト5G情報通信システム)の中核となる技術を開発することにより,我が国のポスト5G情報通信システムの開発・製造基盤強化を目指すものである.
 今回は次の研究開発項目について公募を行った.

〔3〕先導研究(委託)研究開発項目〔1〕ポスト5G情報通信システムの開発(委託)に関係するものであって,ポスト5Gでは実用化に至らない可能性があるものの,ポスト5Gの後半から5Gの次の通信世代に掛けて有望と考えられる技術課題について先導的な研究開発.