政府・公的機関から

お知らせ

JST,研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)産学共同「本格型」および「育成型」令和2年度募集における新規採択課題の決定

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は令和2年10月28日,研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)産学共同の令和2年度募集における新規採択課題(本格型36件,育成型80件)を決定した,とのプレスリリースを行った.

 A-STEP産学共同は「本格型」と「育成型」で構成される技術移転支援プログラムである.「本格型」では,大学や公的研究機関などで創出された研究成果の実用化など検証に係る本格的な産学共同開発を支援し,「育成型」は大学などの基礎研究の成果を基礎とした新たな企業との共同研究の創成を目的として支援する.

 本年度は,令和2年3月31日(火)から6月26日(木)まで新規課題を募集し,「本格型」194件,「育成型」692件の応募があった.募集締め切り後,外部専門家の協力の下,技術シーズの新規性・優位性,イノベーションインパクト,ビジネスメリット,研究開発の目標・計画の妥当性,知財戦略などの観点から審査し,採択課題を決定した,としている.