政府・公的機関から

研究の公募

NEDO,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/石炭利用環境対策事業」に係る公募

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は令和3年2月2日,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/石炭利用環境対策事業」の実施者を一般に広く募集すると報じた.

 2020年12月に策定されたグリーン成長戦略において,火力発電は世界的にもアジアを中心に必要最小限使わざるを得ず,特に石炭火力は,東南アジアにおいて電源の相当程度を占めるとされ,温室効果ガスの排出量が多いという課題に対して,高効率化およびCO2排出削減が望まれている.加えて石炭利用に伴い発生するCO2,SOx,NOx,煤塵,石炭灰やスラグといった物質の環境への影響を低減する方策や石炭利用時に必要な環境対策の確立が重要である.本事業では石炭利用に伴い発生する環境影響の低減に貢献する技術の開発を実施する.

 公募期間:2021年2月2日~2021年3月3日