政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,短信レポート「環境・エネルギー分野へ貢献するバイオ産業 ~バイオものづくりの課題と可能性~」を公表

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は令和3年2月3日,社会的にも注目され,目標とされる脱炭素社会の実現に向け,バイオ技術やバイオ資源を活用したものづくり(バイオものづくり)による貢献の可能性について調査・分析したTSC Foresight短信レポート「環境・エネルギー分野へ貢献するバイオ産業 ~バイオものづくりの課題と可能性~」を同日,公表したとのニュースリリースを行った.

 本レポートでは循環型社会を形成できるとしてバイオ産業への期待が高まっていることを受け,環境・エネルギーに貢献するバイオ産業の現状と課題についてまとめたほか,バイオマス原料の確保に量的制約がある日本の独自戦略について課題を提起している.