政府・公的機関から

お知らせ

JST,国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)日本-EU共同研究「高度バイオ燃料と代替再生可能燃料」における令和2年度新規課題の決定

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は令和3年4月14日,国際科学技術共同研究推進事業 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)「日本-EU共同研究」において,新規課題の採択を決定した,とのプレスリリースを行った.また,文部科学省は同日,"日本―EU共同研究「高度バイオ燃料と代替再生可能燃料」における新規課題の決定について"と題する報道発表で,JSTの決定を報じた.

 SICORPは,省庁間の調整に基づき,文部科学省が特に重要なものとして設定した協力国・地域および分野において,相手側のファンディングエージェンシーと共同で研究提案の公募を行い,採択された国際共同研究課題に対して研究費を支援する.「日本-EU共同研究」では,欧州委員会研究イノベーション総局(EC DG RTD)と共同で,HORIZON 2020の枠組みで実施した研究提案の募集に応じるコンソーシアムに参加する日本側研究グループに対して研究費を支援する形で,「高度バイオ燃料と代替再生可能燃料」分野を対象に国際共同研究課題の募集を行った.

 今回の募集には29件の応募があり,両者の専門家の評価,JSTと欧州委員会との協議により選定された3件の採択を決定した.