政府・公的機関から

お知らせ

JST,地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)における令和3年度新規採択研究課題の決定~「科学技術外交」の強化に向けた政府開発援助(ODA)との連携による国際共同研究~

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は令和3年5月20日,国際科学技術共同研究推進事業 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS: Science and Technology Research Partner-ship for Sustainable Development,サトレップス)における令和3年度新規採択研究課題を条件付きにて決定した,とのプレスリリースを行った.

 SATREPSは,科学技術と外交を連携し,相互に発展させる「科学技術外交」の強化の一環として,文部科学省,外務省の支援の下,JST,日本医療研究開発機構(AMED)および国際協力機構(JICA)が連携して実施するプログラムです.開発途上国のニーズを基に,地球規模課題を対象とし,社会実装の構想を持つ国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進することによって,地球規模課題の解決および科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することやこれらを通じたイノベーションの創出を目的としている.

 今回,JSTの所掌分野である環境・エネルギー分野,生物資源分野,防災分野について令和2年9月8日から11月9日まで研究提案を募集したところ,合計70件の応募があった.募集締め切り後,ODAの視点からの評価も含め,外部有識者による委員会が書類・面接選考を行い,3分野4領域について合計10件の研究課題を決定した.