政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/アンモニア混焼火力発電技術研究開発・実証事業」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年5月24日,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/アンモニア混焼火力発電技術研究開発・実証事業」に係る公募を実施し,応募された2件の提案について審査を行い,1件の実施予定先を決定した,と報じた.

 本事業では,火力発電等におけるアンモニアの燃料としての利用技術を実証するため,アンモニア混焼技術に関する要素研究(委託事業)及び実証研究(助成事業)を実施する.

 これに伴いNEDOは同日,「アンモニア混焼技術の実用化へ向けた技術開発を加速 ~石炭火力発電所から排出されるCO2の大幅削減を目指す~」と題するニュースリリースを行った.