政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先端半導体製造技術の開発」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年5月31日,「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先端半導体製造技術の開発」に係る公募を実施し,応募された3件の提案について審査を行い,実施予定先を決定した,と報じた.

 NEDOは,本事業において将来的に,ポスト5G情報通信システムで用いられる先端半導体を国内で製造できる技術を確保するため,次の開発に取り組む.

 〔2〕先端半導体製造技術の開発(助成)
(b)先端半導体の後工程技術(More than Moore技術)の開発
(b1)高性能コンピューティング向け実装技術
(b2)エッジコンピューティング向け実装技術

 またNEDOは同日,同名で内容の異なる公募を実施し,応募された3件の提案について審査を行い,2件の実施予定先を決定した,と報じた.開発テーマは,上記に続く

(b3)実装共通基盤技術

 である.

 さらに,これとともに経済産業省は同日,"「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先端半導体製造技術の開発(助成)」の採択事業者を決定しました"と題するニュースリリースを行った.

 同省は,「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」のうち,「研究開発項目②先端半導体製造技術の開発(助成)」に関する実施者の公募を行い,採択審査委員会での審査を経て,5件の採択を決定した,と報じている.