政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「電気自動車用革新型蓄電池開発」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年6月3日,「電気自動車用革新型蓄電池開発」に係る公募を実施し,応募された3件の提案について審査を行い,1件の実施予定先を決定した,と報じた.

 本事業では,資源制約・調達リスクが無く安価な材料(銅,鉄,亜鉛,炭素等)を使用し,高エネルギー密度化と安全性の両立が可能な「フッ化物電池」と「亜鉛負極電池」を研究開発の対象とする.また,早期実用化に資する材料開発~電池設計・試作~特性評価・解析に係る共通基盤技術の研究開発を産学官連携で取り組む.

 これに伴いNEDOは,「リチウムイオン電池の性能・生産コストをしのぐ革新型蓄電池の研究開発に着手 ~産学官の連携体制を構築し,技術的ブレークスルーの創出を目指す~」と題するニュースリリースを行っている.