政府・公的機関から

お知らせ

NIMS,医薬品関連マテリアルズオープンプラットフォーム発足

 国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)は2021年6月25日,機能性材料研究拠点医療応用ソフトマターグループの川上 亘作グループリーダーをプラットフォーム長として,製薬企業11社とともに医薬品に関するマテリアルズオープンプラットフォーム(MOP)を発足させた,とのプレスリリースを行った.

 本MOPにおいては,抗体医薬や核酸医薬などを中心に,物性評価・製剤開発に関わる研究を行うが,抗体や核酸などの生体高分子を利用するような新しい治療様式(モダリティ)の開発技術は未だ発展途上であり,その基礎となるマテリアルサイエンスは手薄だった.そこで医療材料の基礎研究を長年にわたり行い,また化学・鉄鋼などのMOPを推進してきたNIMSを核に,国内の主要製薬企業が共同で基礎研究を行う医薬品開発MOPを立ち上げることとしたものである.