政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発/研究開発項目〔3〕産業用物質生産システム実証」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年7月7日,「カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発/研究開発項目〔3〕産業用物質生産システム実証」に係る公募を実施し,応募された25件(助成7件,委託18件)の提案について,外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て委託予定先10件,助成予定先4件を決定した,と報じた.

 本研究開発項目では,目的物質の生産性向上を狙うとともに量産化を見据えて生産プロセスの最適化を図る研究開発に着手し,バイオで実現できる高付加価値な機能の創出,化石資源を含む天然資源依存の低減等につながるバイオ由来製品の実用化を加速させる.

 これに伴いNEDOは同日,"バイオ由来製品の実用化に向け,産業用物質生産システムの実証14件に着手 ―バイオ産業の裾野拡大や炭素循環型社会の実現を目指す―"と題するニュースリリースを行っている.