政府・公的機関から

お知らせ

JST,戦略的創造研究推進事業における2021年度新規研究課題の決定

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は2021年9月21日,戦略的創造研究推進事業(「CREST」,「さきがけ」および「ACT-X」)の2021年度研究提案募集における新規採択研究代表者・研究者および研究課題を決定した,とのプレスリリースを行った.

 本事業は,社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す,新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的とした基礎研究を推進する.国(文部科学省)が戦略目標を設定し,そのもとに推進すべき研究領域と研究領域の責任者である研究総括(プログラムオフィサー)をJSTが定める.研究提案は研究領域ごとに募集し,研究総括が領域アドバイザーらの協力を得ながら選考する.

 2021年度研究提案募集(第1期・第2期)として,「CREST」の13研究領域,「さきがけ」の17研究領域および「ACT-X」の5研究領域において募集した結果,産学官各界の研究者から「CREST」は651件,「さきがけ」は1579件,「ACT-X」は374件の応募があった.募集締め切り後,書類選考と面接選考(事前評価)を実施し,「CREST」は66件,「さきがけ」は183件,「ACT-X」は116件の研究課題とその研究代表者・研究者が採択された.