政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/ブルーアンモニア製造技術に関する実現性検討」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年11月1日,「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/ブルーアンモニア製造技術に関する実現性検討」に係る公募を実施し,応募のあった1件の提案について審査を行い,委託予定先に決定した,と報じた.

 本事業では,将来のカーボンニュートラル達成に向けたアンモニア利用拡大を見据え,完全にCO2フリーとなるブルーアンモニアの製造プロセス全体の脱炭素化,最適化の検討および,そのコスト競争力を見据えたブルーアンモニア製造技術の実現性検討を行う.