政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「燃料アンモニア利用・生産技術開発/工業炉における燃料アンモニアの燃焼技術開発」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年12月20日,「燃料アンモニア利用・生産技術開発/工業炉における燃料アンモニアの燃焼技術開発」に係る公募を実施し,応募のあった4件の提案について審査を行い,実施予定先を決定した,と報じた.

 アンモニアは,燃焼時にCO2を排出しないため,発電所や工業炉等において燃料として用いることが可能となれば,CO2排出量の大幅な抑制が期待され温暖化対策の有効な手段の一つとなり得る.

 本事業では,燃料アンモニアの利用技術が確立できていない工業炉における,アンモニアの燃焼技術を開発し,産業分野における脱炭素化に貢献する.