参画機関から

微細構造解析 北海道大学 北海道大学

第4回分析TEMユーザーズミーティング(3月8日)開催のお知らせ

 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業の一環として北海道大学に新たな分析用TEMとしてFEI社製 Titan Cubed G2 60-300が導入・運用開始され,4年が経過いたしました.また,日本電子社製JEM-ARM200FCもナノテクノロジープラットフォームに提供され3年が経過し,現在まで,多くのユーザーの皆様にご利用いただいております.そこで,最新の分析TEMに関する情報の共有化を目的として、「第4回分析TEMユーザーズミーティング」を開催させて頂く運びとなりました.今回は北大内の研究者の皆様にナノテクノロジープラットフォーム事業を通じて得られた成果をご紹介いただくとともに,東京大学より柴田直哉先生をお招きし,先進原子分解能電子顕微鏡による電磁場観察の現状と展望についてご講演頂く予定です.

【日時】2019年3月8日(金)10:20~15:30
【場所】北海道大学工学部B11講義室(B1-101)

【主催】北海道大学 微細構造解析プラットフォーム 工学部複合量子ビーム超高圧顕微解析研究室
 工学部ナノ・マイクロマテリアル分析研究室

【お問い合せ】
北海道大学大学院工学研究院附属 エネルギー・マテリアル融合領域研究センター 坂口紀史
TEL&FAX:011-706-6768
E-mail:sakaguchi(at)eng.hokudai.ac.jp