参画機関から

微細構造解析 九州大学,産業技術総合研究所

ナノテク産業化基盤技術の有効利用および高度化と融合を目指した研究会2019 ~九州大学・産業技術総合研究所 微細構造解析プラットフォームセミナー~(3月8日)開催のお知らせ

 今回は,九州大学超顕微解析研究センターと同じく,文科省の微細構造解析プラットフォームの実施機関として多様な技術支援を展開している産業技術総合研究所(産総研)との合同開催セミナーと位置づけ,微細構造解析分野で特徴的,あるいは先端的な観察・分析装置および技術をテーマに開催を致します。産総研の保有する装置活用などについても集中的にご講演を頂きます.
 皆様奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます.

【日時】
2019年3月8日(金)13:30~17:30
【場所】九州大学 伊都ゲストハウス(伊都キャンパス)

【主催】九州大学 超顕微解析研究センター,文科省 微細構造解析プラットフォーム,九州大学 学術研究都市推進機構(OPACK),
産業技術総合研究所

【プログラム】
1.九州大学微細構造解析プラットフォームの紹介

2.超高圧電子顕微鏡の特徴とナノ材料研究への応用
   松村 晶(九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門 教授)

3.マイクロカロリーメータ高エネルギー分解能元素分析装置搭載走査型電子顕微鏡
   前畑 京介(九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門 准教授)

4.ヘリウムイオン顕微鏡/ORION NanoFab 超顕微観察・加工の基礎とアプリケーション
   河野 一郎(カールツァイス株式会社)

5.産業技術総合研究所の取組み
 ①産総研・微細構造解析プラットフォームの概要
    齋藤 直昭(分析計測標準研究部門 副研究部門長)
 ②陽電子プローブマイクロアナライザー(PPMA)
    オローク ブライアン(分析計測標準研究部門 主任研究員)
 ③超伝導蛍光収量X線吸収微細構造分析装置(SC-XAFS)および,超伝導蛍光X線検出器付走査型電子顕微鏡(SC-SEM)
    浮辺 雅宏(ナノエレクトロニクス研究部門 研究グループ長)
 ④リアル表面プローブ顕微鏡装置(RSPM)
    井藤 浩志(分析計測標準研究部門 主任研究員)

【参加費】無料

【お問い合せ】品野 俊治(九州大学 超顕微解析研究センター)
 Tel&Fax:092-802-3855 E-mail:shinano(at)hvem.kyushu-u.ac.jp