参画機関から

微細加工 微細加工プラットフォーム 微細加工ナノプラットフォーム

バイオ研究のためのナノ・マイクロ加工実践セミナー ~微細加工技術を利用したバイオ研究の新展開~(10月9日)開催のお知らせ

 微細加工技術を利用して流路や分析チップなどを作製してみたいと考えるバイオ系研究者(医,薬,農,理など)やバイオ応用への研究に新規参入したいと考える工学系研究者(電気,機械など)向けのチュートリアル的なセミナー講演と実習を行い,プラットフォームの利用を通じた新しい分野融合研究開発の進展に寄与することを目的とします.今回は,バイオ系の研究者による研究の事例を紹介し,プラットフォーム利用の有効性を理解していただきます.
 関係の多くの皆様のご参加をお待ちしております.
 セミナーは,座学コースと実習コースがあります.(実習コースのみの受講は出来ません)

【日時】2019年10月9日(金)13:00~17:00

【場所】
<座学コース>
   1)本会場:東京大学 浅野キャンパス 武田先端知ビル1F セミナー室
   2)TV会場:北海道大学,東北大学,名古屋大学,京都大学,香川大学,広島大学
     ※TV会場ではWebを利用し,東京大学本会場のセミナーをTV中継します.
<実習コース>
   各実施機関の拠点にて実施(詳細につきましては,HP・フライヤーをご確認ください)

【主催】微細加工ナノプラットフォーム

【参加費】無料(*実習コースの一部は有料)

【募集人数】
<座学コース> 40名(東京大学本会場)+各TV会場10~20名程度
<実習コース> 数人程度/各コース(プログラムをご確認ください)

【座学コースプログラム】

  13:00~13:05 司会あいさつ  <微細加工プラットフォーム 代表機関>

  13:05~14:05 基調講演
     「マイクロ流体回路で拓く新しいバイオテクノロジー」 鷲津 正夫(東京大学)
      概要:リソグラフィーとPDMSによるモールディングを組み合わせて作るマイクロ流体回路には,
      新しい発想による生物・生化学・医学研究への道を開く大きな可能性がある.
      本講演ではオンチップ細胞融合を例にとり,その原理・製作・成果例について述べる.

  <休憩10分>

  14:15~14:45 研究事例紹介①
     「血液流動性の研究」(仮) 清水 理葉(獨協医科大学)

  14:45~15:15 研究事例紹介②
     「ウェアラブルマイクロ流路汗パッチの開発」 関根 由莉奈(日本原子力研究開発機構)

  15:15~15:45 研究事例紹介③
     「細胞機能の顕微計測のための微細加工」 山岸 舞(東京大学/株式会社ライブセルダイアグノシス)

  <休憩15分>

  16:00~17:00
     「文科省ナノプラ事業・微細加工プラットフォームのご紹介/各実施機関のご紹介」
     微細加工プラットフォーム・代表機関/実施機関:東北大学,東京大学,東京工業大学,京都大学,香川大学


【お問い合せ】微細加工プラットフォーム・コーディネーター
Tel:075-753-5656
E-mail:nanofab-coordinators(at)t.kyoto-u.ac.jp
※(at)をアットマークに変更してからご使用ください.