参画機関から

微細構造解析 日本原子力研究開発機構,量子科学技術研究開発機構

2021A期 JAEA & QST 微細構造解析プラットフォーム課題募集

 原子力機構,並びに,量研は,2021年度上期(2021A期)のナノテクノロジープラットフォーム課題を下記の通り公募いたします.

◆放射光利用期間 2021年4月から2021年7月(予定)
◆公募締切    2020年12月9日(水)(必着)
◆公募対象施設  原子力機構,および,量研の専用ビームラインの登録実験装置

◆応募方法
「専用BL付設NPF事業装置一覧_2021A」で放射光実験装置の帰属法人をご確認いただき,ビームラインの帰属法人に関わらず,原子力機構に帰属する装置を使用する場合は原子力機構指定の「施設供用利用課題応募様式」に,量研の装置を使用する場合は量研指定の「施設共用利用課題応募様式」に必要事項を記入の上,利用装置の帰属先へお申込み下さい.

◆申込先
原子力機構の装置利用の場合:原子力機構 研究連携成果展開部
 renkei.shisetsu[at]jaea.go.jp
量研の装置利用の場合:QST微細構造解析プラットフォーム事務局
 ml-qst-nanoinfo[at]qst.go.jp

※応募様式は原子力機構,量研ともに以下のwebサイトからダウンロードできます.
https://www.kansai.qst.go.jp/nano/

◆採択結果通知  2021年2月頃

◆利用料金  下記webサイトをご覧下さい.
https://tenkai.jaea.go.jp/facility/3-facility/09-download/cost.pdf
https://www.kansai.qst.go.jp/nano/usage_qst.html


◆連絡先
JAEA微細構造解析プラットフォーム事務局:harima-usersoffice[at]jaea.go.jp
QST微細構造解析プラットフォーム事務局:ml-qst-nanoinfo[at]qst.go.jp

【添付ファイル】
専用BL付設NPF事業装置一覧_2021A.pdf