参画機関から

微細加工 東京大学 東京大学

武田先端知クリーンルーム施設と学内研究機器共用による研究活性化にむけたワークショップ(12月22日)開催のお知らせ

 武田先端知クリーンルームは電子線描画装置をはじめとするナノテク研究のためのプラットフォームを整備しており,これまで全学で広く用いられてきました。一方,最近,プロジェクト研究等で導入された装置を共用することの有用性が提唱されており,武田先端知ビルを求心力として,研究室内に存在するそれらの装置をつなぎ合わせて学内の研究機器共用により,一層の研究の推進を行うことが考えられます.
 本ワークショップでは,ナノテク研究に関連されている学内の多数の先生方にご参加いただき,さまざまなグッドプラクティスを共有させていただくことで,クリーンルーム施設や装置共用による先生方の研究の活性化に資する機会とさせていただきたく存じます.

【日時】2021年12月22日水曜日 15:00-18:30
【場所】
Zoomオンライン
【主催】東京大学システムデザイン研究センター(d.lab)基盤デバイス研究部門
【共催】文部科学省マテリアル先端リサーチ東大ハブ拠点
【協賛】東京大学連携研究機構マテリアルイノベーション研究センター
【定員】なし
【費用】無料(事前申込必要)
【言語】日本語/Japanese
【申込先】https://forms.gle/Ve3FNZG8EVRERbei9  (※申し込み受付後,メールで接続先のURLをご連絡いたします.)