IoTを駆使した超スマート社会の実現(Society 5.0)、さらには、持続可能な開発目標達成のための科学技術イノベーション(STI for SDGs)推進のため、ナノテクノロジーは必要不可欠な基盤技術としてすでに定着している。一方、コロナ禍におけるニューノーマル時代の研究開発に向け、プラットフォームの果たす役割を考えることも急務となっている。本シンポジウムでは、先端共用施設プロジェクトであるナノテクノロジープラットフォームの成果を紹介するとともに、ナノテクノロジーとデータを基軸としたマテリアル研究開発の連携について展望する。

 

基調講演
長我部 信行
(株式会社日立製作所
ライフ事業統括本部 CSO兼 企画本部長)
「研究現場のトランスフォーメーションによる研究力強化と未来社会創造」

特別講演
川合 眞紀
(自然科学研究機構分子科学研究所 所長)
「Society 5.0 の実現に向けて,人材育成および研究基盤の強化」

参加事前登録

来場登録締切:2020年12月8日(火)※先着順
オンライン聴講登録は当日まで可能です。

*本シンポジウムの参加者には、
nano tech 2021(国際ナノテクノロジー総合展・
技術会議)の案内状をお渡しいたします。

※案内状のお渡し
 11月13日(金)までに事前登録された方
  →ご登録された住所へ事前郵送
   (国内在住の方のみ)


開催日: 20201211日(金)

場所:東京ビッグサイト 会議棟1階 レセプションホール(東京都江東区有明)
 
( https://www.bigsight.jp/ )
  ※オンライン併用開催

使用言語:英語/日本語(同時通訳付)

参加費:無料

【主 催】 
文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 ナノテクノロジープラットフォームセンター

【協 賛】
IEEE東京支部、応用物理学会、高分子学会、電気学会、電子情報通信学会、ナノ学会、ナノテクノロジービジネス推進協議会、日本MRS、日本化学会、日本金属学会、日本顕微鏡学会、日本再生医療学会、日本材料学会、日本人工臓器学会、日本生体医工学会、日本セラミックス協会、日本DDS学会、日本バイオマテリアル学会、日本表面真空学会、日本物理学会、マイクロマシンセンター、ファインセラミックスセンター


【お問合せ先】 
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
ナノテクノロジープラットフォームセンター
JAPAN NANO 事務局
TEL:029-859-2777 FAX:029-859-2292
[E-mail] JAPANNANO(at)nims.go.jp  ※(at)を@に書き換えてください。
[URL] https://www.nanonet.go.jp/

Copyright © NIMS. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.