第20回ナノテクノロジー総合シンポジウム<プログラム>

 

【開会挨拶】 10:00-10:10

10:00-10:05 橋本 和仁(物質・材料研究機構理事長)

10:05-10:10 文部科学省

【 Session 1:ナノテクノロジープラットフォーム事業10年間の成果 】 10:10-12:00

10:10-10:35
小出 康夫(物質・材料研究機構)
「ナノテクノロジープラットフォームセンター10年間の成果」


10:35-11:00
藤田 大介(物質・材料研究機構)
「微細構造解析プラットフォーム 10年間の成果」

【休憩】11:00-11:10

11:10-11:35
小寺 秀俊(理化学研究所)
「微細加工プラットフォーム 10年間の成果」

11:35-12:00
横山 利彦(自然科学研究機構 分子科学研究所)
「分子・物質合成プラットフォーム 10年間の成果」

【昼食】12:00-13:10

【 Session 2:マテリアル革新力強化に向けたマテリアルデータ戦略 】 13:10-15:30

【 基調講演 】 13:10-13:45
岸 輝雄(新構造材料技術研究組合理事長、東京大学名誉教授)
「マテリアル革新力強化に向けたマテリアルDXプラットフォームへの期待」

【 特別講演 】 13:45-14:20
一杉 太郎(東京工業大学)
「マテリアル先端リサーチインフラが牽引するリサーチトランスフォーメーション
〜実験装置に加え、データ・知識の共有へ〜」

【休憩】14:20-14:30

【 海外招待講演 】 14:30-15:30
14:30-15:00
Martin L. Green(National Institute of Standards and Technology (NIST), USA)
「AI駆動自立型実験による材料科学」
15:00-15:30
Claudia Draxl(Humboldt University, Germany)
「FAIRmat −見つけ易くAI利用に適した材料研究データに向けて−」

【休憩】15:30-15:50

【 Session 3:マテリアル戦略におけるデータ利活用の重要性 】 15:50-17:05

15:50-16:15
鈴村 豊太郎(東京大学)
「データ活用社会創成プラットフォームmdxにおけるマテリアルズ・インフォマティクス研究・共創に向けて」

16:15-16:40
出村 雅彦(物質・材料研究機構)
「データ時代の材料研究:NIMSの取り組み」


16:40-17:05
一村 信吾(早稲田大学)
「計測分析装置の出力データフォーマット標準化:現状と展望」

【閉会挨拶】 17:05-17:10

小出 康夫(JAPAN NANO 2022組織委員長、物質・材料研究機構ナノテクノロジープラットフォームセンター長)

Copyright © NIMS. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.