文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます.

研究分野から探す

プラットフォームから探す

研究機関から探す

関連リンク

このサイトについて

中分類検索結果

大分類:質量分析
研究機関:分子科学研究所
研究分野:分子・物質合成

質量分析

英語名:Mass Spectroscopy (MS).試料を真空中でイオン化して高電圧を印加すると,静電力によって試料は装置内を飛行する.飛行しているイオンを電界及び磁界により質量電荷比に応じて分離し,その量を検出することにより,元素及び組成の分析を行う手法.ここでは,MALDI-MS,ESI-MS・CSI-MS・LC-MS,SIMSを指す.これ等の質量分析法により,生体高分子(タンパク質,ペプチド,糖鎖など)の分析,資料表面元素分析などができる.

該当する中分類件数:1件

MALDI-MS

英語名:Matrix Assisted Laser Desorption/Ionization-Mass Spectrometry :MALDI-MS.マトリックス支援レーザー脱離イオン化法による質量分析.MALDIは質量分析におけるサンプルのイオン化法の一つである.試料および大過剰のマトリックス試薬(N2レーザー(波長337nm)のエネルギーを吸収する化合物)の均一な混合物にレーザーを照射することにより,まずマトリックス試薬がそのエネルギーを吸収する.吸収したエネルギーにより,マトリックス試薬は周囲の試料分子とともに気化し,気化した試料分子にプロトンおよびカチオンが付加することによりイオン化される.主に生体高分子(タンパク質,ペプチド,糖鎖など)の分析ができる.