文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID S-MS-128
分類 X 線回折 > 単結晶 X 線構造解析
設備名 結晶スポンジ法を用いた分子構造解析
(Structure Analyses of Molecules by Crystalline Sponge Method)
地域 中部
設置機関 分子科学研究所
研究分野 分子・物質合成
担当部署または担当者 横山利彦 機器センター長
足立精宏 特任研究員
仕様

リガク社製 XtaLAB P200
・X線源 回転対陰極型、Mo/Cuデュアル線源
 Mo: 50 kV・24 mA (1.2 kW) Cu: 40 kV・30 mA (1.2 kW)
・検出器 PILATUS 200K
・温度可変 100 K〜室温

 

リガク社製 SuperNova
・X線源 封入管型、Mo/Cuデュアル線源
 Mo/Cu: 50 kV・0.8 mA (40 W)
・検出器 Atlas S2 CCD検出器
・温度可変 100 K〜室温

S-MS-128 S-MS-128

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)