文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID S-OS-141
分類 表面分析装置 > その他表面分析
その他材料評価 > 太陽電池評価システム
設備名 イオン化エネルギー測定装置
(Ionizing Potential Measurement System)
地域 近畿
設置機関 大阪大学
研究分野 分子・物質合成
担当部署または担当者 山崎 昌信
仕様

分光計器株式会社
BIP-KV202GD

【特徴】
大気・窒素・真空の雰囲気下で測定が可能なイオン化エネルギー測定装置です。
有機半導体や金属薄膜のイオン化エネルギー(仕事関数)が測定できます。
【仕様】
試料サイズ:20mm
真空度:1E-2 Pa(ガス置換可能)
測定範囲:9.0~2.0eV
測定間隔:0.01eV
光源:重水素ランプ
D2ランプ/Xeランプ手動切り替え機構
S-OS-141

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)